読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guns and Bang

 銃、射撃に特化した動画を紹介します。

FBI マイアミ銃撃事件 1986年


The 1986 Miami FBI Shootout - YouTube

 


1986 FBI Miami Gunfight - Firefight & Personal ...

1986年マイアミ州で起きたFBIと凶悪犯との銃撃事件。

もう28年前にもなるが有名な事件。

このことがきっかけでFBIの採用口径が9mmから10mmへ変更

されたと言われている。

最初の動画はTVで放送されたドラマ。

主演はダーティーハリー2にも出演していたデビッド・ソウル。

2番目の動画は訓練用に作られた事件の再現と考察。

事件の当事者である捜査官も出演している。

この動画は長いので興味のない方は最初の2分間のみでOK。

実際の現場の様子が映像で残っている。

事件の詳しい概要は他サイトに譲るとして、

この後1990年に正式採用となったS&W M1076について少々。

10mm口径ですが、FBIの採用弾薬はフルロードの10mmではなく、

俗にFBIライトロードと呼ばれるものです。

180grのJHPをサブソニック(980fps)で発射されるもので、

今の40S&Wとほぼ同じ性能です。

じゃあ、なんでM1076は制式採用降ろされたかって?

銃のトリガーに問題が有りS&Wで結局解決できなかったようです。

これは個人的な見解ですが、フレームマウントのデコックレバー

の後付で設計に無理があったのではないかと推測します。

もともとS&Wのオートはスライドマウントのセフティーですが、

FBIの要求スペックにフレームマウントのデコック仕様があったため、

急遽後付で付けたようです。

その後S&Wのカタログからフレームマウントのモデルが消えたので

やはり問題があったと個人的に思っています。

現在FBIは40S&Wのグロックを使っているようです。