読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guns and Bang

 銃、射撃に特化した動画を紹介します。

AR ツイスト レート

 ツイストレートとは、バレルのライフリングが1回転する長さです。

AR系では以下が一般的です。

1 in 7インチ   62~75gr(推薦の弾頭重量)

1 in 9インチ   40~75gr

1 in 12インチ    40~55gr

重い弾頭(長い)ほど強い(短い)レートとなっています。

これは長い弾頭を安定させる為に強い回転が必要なため。

因みにライフルレートは銃身上部の刻印で通常分かります。

 

米軍のM16A2以降は7インチ、M16A1以前は12インチ。

現在一般販売されているものは9インチが多いです。

ちなみにAR系以外のAUGやミニ14も9インチ。

9インチがオールマイティと言うところでしょうか。

1 in 7インチのバレルで軽い弾頭も撃てますが精度は落ちます。

それでは1 in 12インチのバレルで重い弾頭を撃つとどうなるか?

これは実際に体験したことがあります。

 

AR15A1を所有していたとき、友人(AUG所有)と一緒に撃ちに行きました。

自分は通常55grの安いファクトリーを使用していましたが、

たまたまガンショップで安いギリシャ製のSS109(62gr)を購入。

重い弾頭なので自分のAR用でなく友人のAUGで撃とうと持って行きました。

レンジで自分のARと友人のAUGを取っ替え引っ替え撃っていたんですが、

突然自分のARが当たらなくなりました。

100ヤードのレストで10発撃って標的の端にバラバラで3発のみの弾痕。

あれ~??スコープでも緩んだかな~と思いチェックしたが問題なし。

自分のARは割りと出来が良くオリジナルで2MOAの精度がありました。

そこで撃った弾薬を見ると62grのSS109でした。

AR15A1で62grを撃つと精度が悪いとは聞いていましたが、

まさかここまでひどいとは思いませんでした。

あとで標的を確認したところ3発とも横転弾でした。

1 in 12インチでは回転が十分得られなかったでしょう。

もちろん55grを撃ったら正常でした。

 

貧乏人向けのAR精度アップの方法。

暇つぶしに良いです、キンドルで300円

Accurize Your AR-15 On A Budget

Accurize Your AR-15 On A Budget